Skip to content

世界の占いの歴史

エジプトの占い

 

歴史いつの時代も人々に愛されている占い。

手相占いに、水晶占い、タロット占いに、今は電話占いもあります。

そんな占いの歴史をご紹介したいと思います。

エジプトの占いの歴史は紀元前5000年頃といった非常に古いものになっています。

星図を使った占いが行われていたとされています。

しかしそれはその後の占星術に影響を与える占いなどではなく、エジプトの文化が西洋占星術と結びついたのは、紀元前300年頃と言われており、アレキサンダー大王に征服されていた際にヘレニズム文化に取り込まれた頃からとされています。どちらにせよかなり古い歴史ですね。

ギリシャ文化とエジプト文化の占い文化はアレキサンダー大王の大遠征によって融合されました。

占星術が誕生したのは紀元前200年過ぎのこの頃と言われています。

ギリシャの天文学者は現代に繋がる46星座を決定しました。

天文学者であって占い師ではないのですが、天文学と占星術が並列だった時代で、天体の位置を知るだけで天文学者より、人々の生活に直結した占い師を名乗った方が生活面でも現実的だったとも言われています。

彼は地球から月までの距離を計測したそうです。この時期に黄道十二宮といった考え方が生まれ、ホロスコープが書かれる様になったとされています。

紀元前150年に入ると占星術の本を書き、現代でも占星術師が必読するものとされています。

 

中世ヨーロッパの占い

 

11世紀頃までは中世ヨーロッパでアラブの占星術理論を受け入れられるだけの知的基盤が存在してなかったのですが、12世紀ルネサンスの中で多くの占星術書がアラビア語からラテン語に翻訳されて占星術の知識が発展しました。

しかしながら、イスラムの世界の占星術の時代は長続きする事がなく、西洋の占星術師が独自で発展させた理論に変わっていったのです。ヘレニズム時代に誕生した占星医学と呼ばれるものは、高級占星術と評価され、大学などでも受け入れられたのです。

伝染病の原因が星に位置に関係するといった考えは、今でも名残が残っています。

インフルエンザの語源は影響であり、その影響を与えるのが星であると言われています。

占星術そのものは、神学者たちの間で様々な議論が交わされました。

占星術に好意的な学者や批判的な学者によって互いに誹謗中傷も行われました。

中には火刑で処刑された人もいます。

晩年判断占星術に強く傾倒していた人物は歴史上の重大事件と天体の関連を研究して反キリストが出現する預言なども行いました。

当社の先生方は、貴方のそんな我儘にもお応えいたします。不倫、三角関係、復活愛等、難しいと思われる恋愛相談もお任せ下さい。天使とはどんな姿でしょうか。白い翼が生え、弓矢を持った姿でしょうか。天使は天界の神々と私達を繋ぎ、見守り続け、そして愛してくれる存在です。「意中の方を振り向かせたい」「あの人と結ばれたい」 「自分に自信が持てなくて……」幸せになる為ならもっと我儘になって下さい。電話占いならこちらへ